Tel:029-202-0241Fax:029-202-0242営業時間:8:30~17:15 休業日:土日祝

代表挨拶

2017/09/07 : 社長が守谷中学校で講演をしました。

社長が守谷中学校で講演をしました。
 7月18日に守谷市立守谷中学校で「起業家講演」を行ってまいりました。
 先月の石岡中学校に続き2校目です。
 「今日からモテる 起業家魂」と題し
 ・好きな事に情熱を燃やせ!
 ・笑顔と言葉を大切に!
 ・1000%の行動力!!
 という3つの柱を中心とした内容でしたが、特に「他人を変えるのでなく自分から変わる。」という話に多くの反応があり、守谷中学生の意識の高さを感じました。
 今回は「仁義」という元気になる素晴らしい言霊を、全員で斉唱し、素敵な時間を共有することができました。
 

 講演翌日の守谷中学校のホームページには、早速、講演会の模様がアップされており、先生方の愛校心に触れ感動しました。

 自社製品の方も、地味ながらも新たな挑戦に向けて走り出しています。
 社員一同、精一杯自分の力を発揮してこれからも邁進してまいります。

平成29年9月吉日
代表取締役社長 岩永 美香

2017/06/12 : 2017年6月挨拶

社長メッセージ(2017年6月挨拶)
 6月8日に石岡市立石岡中学校で「起業家講演」を行ってまいりました。
 「今日からモテる 起業家魂」と題し
 ・好きな事に情熱を燃やせ!
 ・笑顔と言葉を大切に!
 ・1,000%の行動力!!
 という3つの柱を中心とした内容でしたが、反応は上々で楽しい時間となりました。
 質疑応答でも、後から後から質問が来て、みんな熱心で積極的な生徒さん達なのだと肌で感じることができました。

 日本の若者も捨てたものじゃないなと中学生の若さ・純粋さ・透明感に触れ、私にとっても大変貴重な経験となりました。

 来月も守谷中学校で講演をさせて頂く予定で、これからワクワクしています。
 中学生からパワーを頂き、本業もがんばってまいります!

平成29年6月
代表取締役社長 岩永 美香

2017/04/01 : 2017年4月挨拶

社長メッセージ(2017年4月挨拶)
 新しい年度を迎えました。
 新しい出会いの時でもあります。

 社長になり丸3年が経過し、分かった事はどのような企業様でも、安穏とした経営では生き残れないという事です。

 誰が見ても盤石である一流企業様ほど、次々と挑戦をされています。
 一見、盤石に見える企業様でも古い考えや体制に甘んじて、何も行動を起こさなければ厳しい結果がつきつけられます。

 「できない理由」を理路整然と述べる人々が多い中で「どうしてできるか」を本気で考え抜き、紆余曲折しながらも進めていけるかどうかが、独立した企業として歩んでいけるかの分かれ道になります。

 ネガティブな思考からは何も生まれない。
 目標達成を本気で信じて突き進む人にのみ、結果は必ずついてくる。

 我が社のメンバー、我が社の製品を「本気で信じて」お客様に喜んで頂ける製品をご提供できるよう今後も前進してまいります。
平成29年4月
代表取締役社長 岩永 美香

2017/01/01 : 2017年1月新年挨拶

社長メッセージ(2017年1月挨拶)
 新年あけましておめでとうございます。
 本年2017年で弊社は21周年を迎えます。
 この変化の時代に立ち止まっている事はできません。めくるめく時代の変化に対応し、生き抜いていく事が、企業の使命であると考えます。
 物事を成し遂げようとする時、「成功するまでは失敗し続けるしかない。」と、耳と頭と心で学んでいる所です。
 失敗したことからの学びは多く、自分の血肉になります。失敗を受け流さずに冷静に思慮深く分析し、次こそ成功するためにと努力した者だけが光を掴める…その真実に突き進むのみです。
 最後に年頭のあいさつに代えて、我が社の社員、全国の若者の皆さんに向けて私の好きな詩を贈ります。
 20年も前から好きな故相田みつおさんの詩です。

 「こんな顔で」 -山田寺の仏顔によせて-
 宮沢賢治の詩にある
 「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」
 というのは
 こんな顔の人をいうのだろうか―

 この顔は
 かなしみに堪えた顔である
 くるしみに堪えた顔である
 人の世の様々な批判に
 じっと堪えた顔である
 そして
 ひとことも弁解をしない顔である
 そしてまた
 どんなにくるしくても
 どんなにつらくても
 決して弱音を吐かない顔である
 絶対にぐちを言わない顔である
 そのかわり
         やらねばならぬことは
 ただ黙ってやってゆく、という
 固い意志の顔である
 一番大事なものに
 一番大事ないのちをかけてゆく
 そういうキゼンとした顔である

 この眼の深さを見るがいい
 深い眼の底にある
 さらに深い憂いを見るがいい
 弁解や言いわけばかりしている人間には
 この深い憂いはできない

 息子よ
 こんな顔で生きて欲しい
 娘よ
 こんな顔の若者と
 めぐり逢って欲しい

平成29年 初春
代表取締役社長 岩永 美香


バックナンバー

2016年更新分
2015年更新分
2014年更新分
代表挨拶 KOSEKIガイド KOSEKIガイド解説動画 KOSEKIちゃん通信 届出の書き方 採用情報

↑ PAGE TOP